醸し出す雰囲気

八坂神社

おはようございます。
パスル一番町 市川です。
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?

私は4月早々に引いた風邪をこじらせ長引かせてしまい、じっくり身体を休める連休となりました。
ほとんど外出しませんでしたが、良いお天気続きだったのでちょっと外出したくなって
近くのリサイクル着物のお店に出かけました。

来店してから15分ぐらい経った時、60代ぐらいのご夫婦がお店に入ってきました。

奥様が帯をお探しでした。
帯を選んだ後、それに合わせてこれからの季節に着る単衣(ひとえ)の着物の試着が始まりました。

洋服の上から着物を羽織るので試着はオープンスペースで行います。
「拝見していてもいいですか?」
とお断りして、勉強のためにその様子を眺めさせてもらいました。

手慣れた様子で着物を羽織り、帯をさっと体に巻きつけ、柄の出方を確認されていました。
着る目的と場所、季節、ご自分の好みとサイズ、そして帯との相性。
ひとつひとつを確認して購入を決めた様子でした。

その一連の姿を見ていて、着物を着ることが決して特別なものでなく、普段から慣れ親しんでいることが想像できました。
その人が醸し出す雰囲気から、今の仕草と同様にいつも丁寧に着物を着ている人なのだろうなと思いました。
「本当にお似合いです」という言葉とともに、思わずため息が出てしまいました!

何事においてもそうですが、積み重ねてきた経験とそこから得る学び、向き合う姿勢は自然と表に出てくるものだと思います。
さりげなく、かつ着実に。
そんな雰囲気が醸し出せる生き方ができたら素敵です。

着物に関して言えば、あと何年かかることか・・・・
もしかしたら一生かけて目指すことになるのかもしれません(笑)

花の庭
*この庭の醸し出す雰囲気に惹かれ、近所を散歩していて撮った写真です*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る